ゲームとか色々日記です。

突撃コブン11時

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
「sinto17」を公開
2008年12月閉工房発行の同人誌「sinto17」を公開します。

秋葉原通り魔事件から一年半が経ちました。
あの頃、自分はこの事件について何か言わなきゃいけない、
という使命感を感じて、この同人誌を発行しました。
が、まあ、あまり上手く表現できたとは思ってなく、
実際売れ行きも他の本に比べて芳しくありませんでした。

自分が当初イメージした犯人像は、後からマスコミが
報道したそれとは結構違っていて、安心した半面、
じゃあ私が「こういう人が虐げられているのではないか」と
想像したような人達は今回の事件と無関係に依然として
存在してるんじゃないか、という焦りがあったかもしれません。

だから、秋葉原通り魔事件に対して考えたことを作品に
込めた、と言っても、それはマスコミ報道にあったような、
読者にとっての犯人像とはズレが生じていたのだと
思います。

発行の際は、作中にも特に秋葉原事件を契機に描かれた
ものである、という解説は書かず、ブログにひっそりと
書き置いただけなので、作品を読んだ人も秋葉原事件との
関わりを想像しなかった人は多いかもしれません。

もっとも、その後、雇用問題が深刻化していった背景もあり、
「若者の雇用が危ない」的な事は浸透している気もするので、
どちらかと言えば、そちらのテーマで描いたと言った方が
今は通りがいいかもしれません。


大塚英志・東浩紀「リアルのゆくえ」
を読みました。
前半部は、まあ、興味のない人には全く興味がないで
あろう、二人の主張的な探り合いが続くので、万人には
お勧めできないのですが、最終章、秋葉原通り魔事件で
東浩紀が感じた焦燥感が私の気持ちに近いんじゃないかなと。
まあ、東氏と私の差というのは、結局表現力の差だと
思うので、別に私の同人誌読まなくても、この本を読めば
割と伝わるようにも思いますが。

以下余談
[「sinto17」を公開]の続きを読む
スポンサーサイト
| 同人誌 | 19:54 | トラックバック:0コメント:0
冬コミ落選のお知らせ
2009年冬コミ、閉工房は落選しました。

現在進行中のパチェアリ本の原稿は、増ページして
来年夏に回すことにし、キリのいいところで中断して
例大祭用の守矢本にかかろうと考えています。

冬コミは、身内配布用のコピー誌でも作ろうかと
考えています。最近知り合いが増えたこともあり、
過去の原稿引っ張り出してダイジェストっぽいのに
しようかと。

コミケ落選は3年ぶりで、ここのとこ3年に一度
落選する、くらいのペースな気がします。
| 同人誌 | 23:24 | トラックバック:0コメント:0
第一回うこさべんオフレポ
冬コミ落ちましたの件は11月一杯は
上に上げておきます。

第一回うこさべんオフレポ。

朝4時起きで上京。
9時に荻窪へ行こうと思ったら
この時間に起きなきゃなのです・・・。

車→高速バス→JR→徒歩で会場到着。
朝は高速が混雑してたらしく、バスの
運ちゃんの判断か、途中から高速降りて
下道走ってました。結果的にそれで
見込んでたより早く到着。とりあえず
主催が来るまでロビーで待機してました。

で、開場と設営。会場的には何度も
利用しているところなので、設営自体は
割とスムーズに。

開会式。何故か定番になっている、
「開会式の最中にDark-manさんが到着する」
イベントが発生。

萃夢想イベント戦。
今回はサブイベントに注力する予定もあり、
萃夢想の練習とかはサボってました。
なので、当然のように何もできず一回戦負け。
即サブイベにかかろうとしたら、スタッフが
BとCブロックに固まってたため、一応
審判で進行を見ることに。

結果は、「遅刻してきたときのコイツは強い!
Dark-manだァーーーーッ!!」さんが優勝。
2位はマツダさん、3位はmasaさん。
スタッフ自重。

サブイベ進行。
今回は、「たくさんの人とたくさんの種類の
ゲームを対戦した人が高ポイント」というルール。
対戦パズル好きな私は「さなポカっ!」
「マジカルドロップ3」の布教に徹するか
ガチで勝ちに行くか悩んだのですが、
「布教したい」人が多めで「色々なゲームを
やってみたい」人が少なめだと思ったので
布教される側に。

今回楽しかったゲーム
「バーチャファイター2」
 懐かしいな、2だけはやってたんですよ。
 ダウンさせて大ダウン追い討ち、だけを
 狙うワンパなリオンでしたけど。

「東方琳瑯華」
 対戦パズルゲーム好き、ということもあり、
 「コブンさんこういうの好きじゃないですか?」と
 言われることがあるのですが、実は今回初見。
 面白かったので、帰宅してすぐ通販で注文しました。

「ハゲタカのえじき」
 シンプルなルールの非電源ゲーム。
 非電源はルールが複雑で時間がかかる
 イメージが強く避けられがちですが、
 こちらは解りやすく、かつブロックスや
 ゴキポみたいな個人攻撃がないので
 知らない人同士でも恨みゲージが溜まらない
 良ゲー。その意味ではハーツに似てるかな?

結果は18人と16種目でぶっちぎりの優勝。
まだ他にも「できるけどやってない」種目が
あったので、皆も本気出せばもっと得点稼げたと
思うのですが。

ともあれ、対戦オフのイベントで優勝するのは
初めてなので、とても嬉しいです。
スタッフ自重。

優勝商品。
「アル花ディア」~ikuoさん提供の花映塚攻略本。
東方缶ジュース:霊夢(緑茶)
レミリアハンドタオル
サブイベント景品



その後、高円寺ガッツソウルで打ち上げ。
この料金で食べ放題飲み放題は良かったのだけど、
胃が弱ってる年寄り的にはもう少しさっぱり
した物が食べたくなりました。サラダとか
デザートとか。食べすぎで苦しくなって、席移動が
億劫になってしまう弊害も。

その後、マツダ邸オフへ。
早々に寝てしまった反面、早朝に起き出して皆が
寝てる横で一人東方琳瑯華の練習とかしてました。

帰宅。ノートPC持込だと荷物が重くて肩こりが
ひどいです。・・・ネットブック買おうかなあ。


以下、運営視点での反省と予算の話。

[第一回うこさべんオフレポ]の続きを読む
| オフ会 | 15:04 | トラックバック:0コメント:0
AddressUpdaterとTenco!と天則と弱者への優しさ
冬コミ落ちましたの件は11月一杯は
上に上げておきます。

第一回うこさべんオフの方は、追加募集中。急いで!

非想天則やってます。AUとTenco!で。
基本的にアクションゲーム下手だし、あまり
コンボ練習とかしない、しても身に付かない
タイプなので、「下手な人に優しいシステム」の
マッチングがあるゲームは好感度高いのです。

従来の、萃夢想から緋想天の流れでは、強い人が
偉い、弱い人は強い人にボコボコにされなさい、
文句があるなら強くなれ的な体育会系システムに
思えて、色々歯がゆかったのですが、緋想天で出てきた
緋天録が、弱者は弱者同士でマッチングする、という
システムで期待がありました。
が、まあ、マッチングレート巾を選べない上に
そのレート巾が広すぎて、結局下手な人は
下手な人同士で戦うことが難しくなるゾーンが
できちゃってました。
そこで、レート巾調整してよ!という要望に対して
運営側が「弱い人は強くなりたいでしょ?強くなる
ためには強い人にボコボコにされるのが一番です」的な態度
だったので、失望してやらなくなっちゃいました。

で、非想天則が発表された現在。Tenco!システムに
AddressUpdaterが加わり、ツール多くて面倒、という
壁はあるものの、ようやく「下手な人が下手なまま
下手な人同士で楽しく対戦できる」ようになったのが
嬉しいです。
萃夢想勢も真似すればいいのに、と思うけど、
結局手間隙を惜しまない開発者がいるかどうか、って
問題になっちゃうのよね。

ただまあ、これでネット対戦に慣れた人がオフ会に
来る、って機会が益々減るんじゃないかな、とも
思いまして、色々寂しくなったり。

| 未分類 | 18:55 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

河合古文

  • Author:河合古文
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
Twitter Widget

Twitter @kobun11g

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。