ゲームとか色々日記です。

突撃コブン11時

勝つことと楽しむことと
一ヶ月更新してないと広告が出るFC2ルールのため、とりあえずの
更新。とはいえ、アニメと釣りに関しては別ブログ、という
自分ルールもあるので、ここではゲームと同人の話、から本日は
ゲームの話をだらだらと。

ゲームって、色々区分方法はあるけど、その一つに「技術の比重」が
あると思うんです。

STGや格ゲーは技術比重の高いゲームで、技術があればあるほど
楽しめ、反面初心者には厳しい世界になりがち。

麻雀なんかはルールとセオリーを覚えれば、あとは割と運要素強め、
でもセオリーに関してはある程度技術が必要とも言えるので
中レベル。戦略型SLGやMMOなんかのルールが複雑なゲームも
このカテゴリ。

時間かければ、攻略サイト見れば誰でもクリア可能なADVやRPG
なんかは技術比重低めという定義です。

どのくらいの技術比重をゲームに求めるか、というのは人それぞれで、
高いからいいとか低いからダメとかって話ではないです。

んで、どういうのを好むか、というと一般的に人はゲームに対して
爽快感を求めてると思うんですよ。だから出来る人、やる気のある人は
技術比重高いゲームを求めるし、そうでない人はそれなりのものを
求める。

んで、ゲーム業界が低迷している昨今、もともとゲームってそんなに
お金を持ってるファンがいないって背景もあって、メーカーとしては
技術がなくても楽しめるものを求めてるライトユーザーにアピール
したい、という方向にいきがち。

ただ、そこを突き詰めていくと小説読めよとかサイコロ転がしてれば
いいんじゃね?とかゲームの存在意義がなくなっちゃう。顕著なのが
パチンコとエロゲーですかね。
エロゲーの中でもアリスソフトみたいに技術比重高めをアピールする
メーカーもあるんですけど、少数派ですよね。

自分はデパートのゲームコーナーにあったドンキーコングや
フロッガーからゲームをやり始め、ゼビウスで本格的にハマって、
初代ファミコンを発売数カ月後くらいに入手した年季の入った
ゲームファンなのですが、メインのオタクジャンルは漫画で、
小遣い全部そっちに使ってたところがあったので、ゲームは
好きだけどあんまり上手くありません。東方はEXをクリアできるか
どうかレベル、格ゲーは地方予選で一回戦勝てるかどうかレベル。

んで、ここ数年は暇さえあれば東方琳瑯華やってるんですけど、
なんでそれを選んだかっていうと、対戦で勝てるからなんですよね。
逆に琳瑯華以外は身内のゲーマーに全く歯が立たない。
多分琳瑯華にしてもぷよぷよ勢やテトリス勢が本気でやり込んだら
あっという間に私より強くなっちゃうんでしょうけど、それが
ないから勝てる、勝てるから楽しくてやり込む、というループに
なってます。

これって、対戦ゲーム全般に言えるんじゃないかなーと。
「努力して強くなれば面白くなるよ!」じゃなくて、先に面白さを
教えてそっから努力させなきゃいけないのに、始めたばっかの
初心者をみんなして叩き潰しているように見えちゃう。
本当の初心者は強い人と戦っちゃダメなんです。初心者同士で
戦わせて勝ったり負けたりして、そこから一歩抜け出た人が
「強い人ってどんな感じなのかな」って思うような。むしろ、
強い人が明らかに実力で劣る人と対戦した時こそ積極的に
負けてあげないといけないんじゃないかなと。
「本気でやらないと失礼だ」なんてのは抜け出た人向けであって、
それにしたって「もちょっと頑張ればいけるんじゃね?」的な
ガイドになってあげられればそれが一番なんですよね。
個人的には自分より強い人だと、全力で来られるより
「あ、手ぇ抜いてくれてるな」って感じた時の方がよっぽど
「俺も頑張って強くなりたい」と思うんですけどね。
舐めプレイとは違いますよ。相手の実力に合わせる形で。
まあ強い人は弱い人に合わせると変な癖がついて自分も弱くなるって
思うものなので、そういうものっちゃそういうものなんですけど、
それって「俺が勝って気持ちよくなりたい」が「このゲームの
楽しみを他の人にも解って欲しい」より優先されてるってことだよね。
「俺は強くなるために努力した」だとか「向上心がないヤツは
対戦ゲームをやる資格がない」だとか、そういうのって結局
俺TUEEEしたい言い訳なんじゃないのかしら、とゲーム下手な私が
言っても説得力ないですか。
でも琳瑯華ならそれなりに上手いと思うよ。じゃあガチで決着
つけようぜ、って言われたら2回負けて3回勝つ、って
コントロールできるくらいには(煽)。

スポンサーサイト
| ゲーム | 19:20 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

プロフィール

河合古文

  • Author:河合古文
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
Twitter Widget

Twitter @kobun11g

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク