FC2ブログ
ゲームとか色々日記です。

突撃コブン11時

冬コミ落選のお知らせ | main | AddressUpdaterとTenco!と天則と弱者への優しさ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
第一回うこさべんオフレポ
冬コミ落ちましたの件は11月一杯は
上に上げておきます。

第一回うこさべんオフレポ。

朝4時起きで上京。
9時に荻窪へ行こうと思ったら
この時間に起きなきゃなのです・・・。

車→高速バス→JR→徒歩で会場到着。
朝は高速が混雑してたらしく、バスの
運ちゃんの判断か、途中から高速降りて
下道走ってました。結果的にそれで
見込んでたより早く到着。とりあえず
主催が来るまでロビーで待機してました。

で、開場と設営。会場的には何度も
利用しているところなので、設営自体は
割とスムーズに。

開会式。何故か定番になっている、
「開会式の最中にDark-manさんが到着する」
イベントが発生。

萃夢想イベント戦。
今回はサブイベントに注力する予定もあり、
萃夢想の練習とかはサボってました。
なので、当然のように何もできず一回戦負け。
即サブイベにかかろうとしたら、スタッフが
BとCブロックに固まってたため、一応
審判で進行を見ることに。

結果は、「遅刻してきたときのコイツは強い!
Dark-manだァーーーーッ!!」さんが優勝。
2位はマツダさん、3位はmasaさん。
スタッフ自重。

サブイベ進行。
今回は、「たくさんの人とたくさんの種類の
ゲームを対戦した人が高ポイント」というルール。
対戦パズル好きな私は「さなポカっ!」
「マジカルドロップ3」の布教に徹するか
ガチで勝ちに行くか悩んだのですが、
「布教したい」人が多めで「色々なゲームを
やってみたい」人が少なめだと思ったので
布教される側に。

今回楽しかったゲーム
「バーチャファイター2」
 懐かしいな、2だけはやってたんですよ。
 ダウンさせて大ダウン追い討ち、だけを
 狙うワンパなリオンでしたけど。

「東方琳瑯華」
 対戦パズルゲーム好き、ということもあり、
 「コブンさんこういうの好きじゃないですか?」と
 言われることがあるのですが、実は今回初見。
 面白かったので、帰宅してすぐ通販で注文しました。

「ハゲタカのえじき」
 シンプルなルールの非電源ゲーム。
 非電源はルールが複雑で時間がかかる
 イメージが強く避けられがちですが、
 こちらは解りやすく、かつブロックスや
 ゴキポみたいな個人攻撃がないので
 知らない人同士でも恨みゲージが溜まらない
 良ゲー。その意味ではハーツに似てるかな?

結果は18人と16種目でぶっちぎりの優勝。
まだ他にも「できるけどやってない」種目が
あったので、皆も本気出せばもっと得点稼げたと
思うのですが。

ともあれ、対戦オフのイベントで優勝するのは
初めてなので、とても嬉しいです。
スタッフ自重。

優勝商品。
「アル花ディア」~ikuoさん提供の花映塚攻略本。
東方缶ジュース:霊夢(緑茶)
レミリアハンドタオル
サブイベント景品



その後、高円寺ガッツソウルで打ち上げ。
この料金で食べ放題飲み放題は良かったのだけど、
胃が弱ってる年寄り的にはもう少しさっぱり
した物が食べたくなりました。サラダとか
デザートとか。食べすぎで苦しくなって、席移動が
億劫になってしまう弊害も。

その後、マツダ邸オフへ。
早々に寝てしまった反面、早朝に起き出して皆が
寝てる横で一人東方琳瑯華の練習とかしてました。

帰宅。ノートPC持込だと荷物が重くて肩こりが
ひどいです。・・・ネットブック買おうかなあ。


以下、運営視点での反省と予算の話。

今回は、伏字さんが主催、私とマツダさんの経験者が
アドバイザーになって、スタッフ経験の少ないmasaさんに
見て覚えてもらう、という布陣。

名札とPCカードは、夏の創作勢オフで知り合った
鬼村さんせるげいさんにお願いしました。
個人的な反省点としては、名札作りのノウハウに
関しての連絡が不親切になってしまった感があること。

今回悩みどころだったのが予算の件。
確かに一般参加者からすると、参加費1000円は
高いな、と思うのは解っていたのですが、
参加人数と会場費だけを見ても、500円だと
赤字になってしまうのです。

700円とか800円になってしまうと、
受付の手間が増大するので避けたい、という
ことで、「サブイベントの方式からもPC台数を
確保したい」という思惑があり、PC持込の
人は半額、とさせていただきました。

昔は、「どうすればオフ会に参加者を呼べるか」が
トピックになることが多かったのですが、昨今は
それに加えて「どうすれば運営スタッフを定着
させられるか」がトピックになっています。

以前は毎月のように開催されていた公民館利用の
オフ会でしたが、非想天則などの人を呼べる
ゲームをメインにしないと人が集まらない、
運営したがる人もいない、というジレンマが
あります。
そして、萃夢想メインでスタッフをやっていた
私は、その形式だと運営陣がそのゲームから
離れると誰も運用ノウハウを持っていない、という
空白が出来てしまうのです。

同人ゲームのオフ会は、もう「仲間内の部屋オフ」の
延長だと厳しい状況で、少なくとも運営スタッフが
持ち出しになるような赤字予算はやめよう、という
コンセサスを作るのが、運営が離れるのを防ぐ
ひとつの手段になっています。
もう参加者の求めるものが、「皆で作るオフ会」じゃ
なくなって、「運営がちゃんとセッティングしたオフ会」に
なっています。これって運営が損をするのが前提
なんですよね。それで誰もスタッフをやりたがらなくなってる。

金銭感覚の話をすると、やはり参加費500円の差が
気になる人は学生さんとかの若い人が多いと思います。
そうした方には、せめて「スタッフは参加費免除」などの
労働対価としてのお金を発生させたいし、「お金ないけど
参加したいからスタッフやります!」ってモチベにして
欲しいんですよ。現状はスタッフもちゃんと参加費出してますが。

儲けてる言い訳に聞こえるかもしれませんが、
今回のイベント全体予算としては、数十円の黒字です。
ジュースも買えないくらい。ちゅか、優勝商品の
東方缶ジュースは収支をゼロに近づけようとする
やりくりで発生したものなので。
本来優勝景品にしたいと考えていた二千円くらいの
ものが買えなくなってしまいました。

私的には、遠方在住ということもあり、
スタッフするんだから交通費の一部でも出して
欲しい、とか思ってしまうのですが、さすがに
現在の予算状況でそれは言えませんし、
でも、スタッフが足りないイベントでは
頼まれても行くのが大変だから躊躇してしまうのです。

運営スタッフと参加者の意識に溝が出来てしまっている
現状は残念です。元来は、その溝を意識しないように
運営側が赤字分を被るのが慣習だったところがあるのですが、
スタッフも参加者も、単純に人数が減っているところに
現在の悩みどころがあります。

自分の反省になってしまいますが、千萃連後期では、
東方萃夢想攻略帖の黒字分があったため、
参加費無料でオフを開催していたのです。
それが現在の参加費に対する金銭感覚に繋がっていると
すれば、ちょっと悪いことしたなあ、とも
思ってます。「今後のオフ会予算に使います」として
変なわだかまり残すよりは、執筆陣でパーっと
使っちゃったほうが良かったのかなあ。

スポンサーサイト
| オフ会 | 15:04 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://kobun.blog20.fc2.com/tb.php/172-d476aaaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

河合古文

  • Author:河合古文
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
Twitter Widget

Twitter @kobun11g

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。